生まれる時代を間違えました

お酒と本と映画と

波照間酒造所へ行ってきた➀

ずいぶんと久しぶりのブログになってしまいましたが…
その間いろいろなことがありまして頭の中わちゃわちゃーしてます。

そう!先週8/11〜13に波照間島へ行ってきました!
泡盛新聞の取材に同行させてもらいまして、いや〜〜とても貴重な経験になりました。

ちなみに沖縄で生まれて育ち、21歳にして初の飛行機で行く離島です。石垣島も初めてで、よく驚かれるけどそんな行く?ねえ。行く?


那覇空港から7:30の便で石垣島に着いたのが8:25。
そこから石垣ターミナルまでタクシーで30分。
船に乗って波照間島に行くぞ!!って思ったらまさかの欠航…1日4便で、2便で行くつもりが2、3便が欠航でずいぶん時間ができてしまい、同行人と悩んだ末にレンタカーを借りて石垣島内の酒造所に挨拶回りすることに。

池原酒造所

那覇酒造所(写ってるのは泡盛新聞の社長です)

高嶺酒造所

八重泉酒造

請福酒造

仲間酒造


急にアポなしで行ったので迷惑な顔される所もありました。笑
申し訳ないです…でも回ってみて、すごくすごく地域に根付いている酒造所ばかりで、ほとんどが家族経営なので温かみを感じました。
丁寧に説明をしてくださった高嶺酒造さん、八重泉酒造さん、本当にありがとうございました。
泡盛に対する情熱とプライドを感じたし、お話しされてる時はずっと笑顔で泡盛が好きということが伝わってきました!
その他の酒造所さんもお仕事中に急に押しかけてしまって申し訳なかったです。



昼ごはんは川平湾近くのレストランで石垣牛
柔らか〜〜溶ける〜〜


海もきれいでした(この写真いい感じに撮れてるけど、暑すぎて人多すぎてイライラしながら適当に画面も見ないで撮ったから奇跡の写真)



そしてそして4便は出航するということだったので、1時間半かけて波照間島へ!!!!!

もう夕方だったかなあ、宿の方が迎えに来てくれてありがたかったです。
民宿は初めてで、不安だったけど良かったです!!!

部屋はこんな感じ、寝るだけならいいかなあと。

夕飯がとっても豪華で美味しかったです、家庭の味!


それから2013年の泡盛の女王だった方と飲むことになっていたので予約していた居酒屋へ。
入ってびっくり、泡波の安いこと安いこと。
むしろキープボトル泡波しかないっていう…恐ろしい…


沖縄県内だとまず手に入らないんですよね、泡波。
4合瓶で2000円くらいで波照間島では飲めるのに、県内だと1万円はザラじゃないです。
まあこのことは次に回して。笑
泡盛の女王はやっぱり美しくて緊張しすぎて目もあんまり合わせられなくて、お酒に頼るしかありませんでしたorz
まさかお酒注いでもらえるとは思わず、終始ニヤニヤして気持ち悪い女だったと思います…
ご一緒できて本当に幸せでした。ありがたいです。

宿に戻って飲み直していたら、泊まっていた茨城の方が帰ってきたので声をかけて一緒に飲みました。
酔うと色んな人に声をかけちゃう癖があって、まあそれはあんまりよくないんだけど、でもみんないい人だからいいか!
今週の月曜日にもその方にお声かけ頂いて、那覇でまたお酒を一緒に飲みました!
こんな風に本土の方々と繋がれるのは泡盛のおかげさまなので感謝してもしきれないですね、うんうん。

次は波照間酒造所に行って感じたことを書きます?